<< 選手ブログリンク追加。 | home | 明日は町田ゼルビア戦 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

第9節ジェフリザーブズ戦・現地レポ

JUGEMテーマ:サッカー

お待たせしました、3日の長崎運動公園でのジェフリザーブズ戦レポです。

4/30の日記にも書いた「Vスナ発売企画」に参加したかったのですが、前日は群馬に出張しザスパvsベガルタ仙台をナイター(19:00〜21:00)で見に行っていて、それから東京に一度戻って一睡もしない状態で早朝に九州入りしたのでかなり眠くなり、仮眠をとったら試合開始ギリギリに・・(汗)
もう若い頃の感覚でスケジュールとるのは間違いなんだなあと、アラフォー体力の限界を痛感しました。

ダッシュで会場入りしたときはジャストで選手入場が始まっていました。
 ジェフリザーブス1
あいにくの雨にもかかわらず、Vスナ販売企画で昨年よりもバクスタ人口が増えていました。
ただサポーター人口はあまり変化なし。


ジェフリザーブス2
昨年の7月の試合では「JFL」の文字が出現したような気がしますが、今回は何かあったのかな?
左がヴィファの選手たち(ユニ青)、右がジェフリザの選手たち(ユニ白)です。ジェフ本家と同じですね。


ジェフリザーブス3
前半開始。
テンポが速く面白いサッカーが展開されていく。

そして13分で有光選手のシュートが入りゴール!!
13分に13番が決めました!いや〜お見事♪♪♪
ジェフリザーブス4
ゴール後サポーターのところにかけよったあとの選手たち。
これでアリちゃんは再びJFL得点王に輝いたのでした。
これは昨年同様かなりいけるかも!

ジェフリザーブス5
ゴール決定少し後の掲示板。電光掲示板らしい。
あくまで点数が出るだけで、誰がゴール決めたか、誰が交代したかの表示はでず不便だった。
この辺は少しでも改善されることを願う。

ジェフリザーブス6


ジェフリザーブス7
そしてこのまま1-0で前半終了!
今まで不調と聞いていたが、この勢いなら後半からの得点も十分期待できるのではないかしら♪

後半へ続く・・

ハーフタイムに突入。
コレヲグラフィには参加できなかったが、カードをゲットする機会を求めて会場入り口へ。
ジェフリザーブス8
入り口には見慣れぬ光景が・・
kyuリーグ時代はほとんどなかったスタグルメが急増していたのだ!
メインスポンサーであるリンガーハットの焼きそばをはじめ、から揚げ、カレー、アイスなど盛りだくさん。
自宅で昼ごはんを食べてきたことを密かに後悔した(苦笑)
前から気になっていたタコ型アクセサリーを買おうかと思いつつ断念。
ところで今年のイヤーブックは発売されてなかったが、発行はまだかな?

ジェフリザーブズ10
階段にはメッセージボード「Vスナッボード」を発見。
ボードといっても紙をはりつけた寄せ書き風のシンプルなものだが、さっそく私も書き込み。
さっそくそこでVスナ限定カードをゲットすることができた。

カードはのちほど紹介するとして、後半へ・・

これはどうしたといわんばかりにおされ気味の展開に。
せっかくの1対1の決定機もつかめず、低迷。
パスミスも増えて、どうしたことやら。。


そうこうしているうちに、元ベガルタ仙台の佐藤由紀彦選手(28番)の姿が。
18番平田選手と交替らしい。今日は控えだったのか・・。
ジェフリザーブス9
きっとユッキー(勝手にあだ名つけてスミマセン)がこの流れを変えることを信じて!

しかしながらさらにもたついてあくびが出る展開に。
そして17分にジェフの宇野選手に決められ、一気に同点に・・


ジェフリザーブズ
これはいけないと危機感を感じたのか、10番川崎元気選手が14番原田武男選手と交替。
武男さん(またもやあだ名スミマセン)、よろしくお願いいたします!


ジェフリザーブズ12
その後、山城選手が竹村選手と交替したりなんとか流れを変えようとするが、
ロスタイム突入間際、同じく途中出場した鳥養選手にコーナーキックからのボールであっさりと点を入れられ、逆転されてしまう・・
これがあまりにもスピーディーにぽんと入れられてしまったので、コーナーキック一発で入ったのかと思ったくらいでした(汗)
う〜ん、一番イヤな追いつかれ方だな・・

そしてそのままロスタイムで追い抜くことはできず、終了のホイッスル・・
結局ジェフリザーブズの粘り勝ちとなった。
ジェフリザーブズ13
ハイタッチする
ジェフの選手たちとしょんぼりするヴィファの選手たち。

ジェフリザーブズ16
試合終了直後。

ジェフリザーブズ18
バクスタのサポーターにあいさつしに行く選手たち。 ジェフリザーブズ15
そしてこちらのメインスタンド側にやってくる選手たち。
どうにもしょんぼりムードがぬぐいきれない・・。

ジェフリザーブズ14
一方ジェフリザーブズのサポーターがいたメインスタンド側では、勝利のでんぐり返しが行われていた。
一瞬、サガン鳥栖か!と思ったけど、元ネタは親元であるジェフユナイテッド千葉のものだったのね。
まさかJFLでこういう光景が見れるとは思わなかった。


しかしその光景にキレたのか、スタッフに水をぶっかけたお客さんがいたのには驚いた・・。
ユニ着てたし、多分かつてバクスタにいたサポーターなんだろうけど、アツくなりすぎだよ。
結局はそのお客さんは取り押さえられ、スタッフの方にずっと説得されていたが、一方バクスタでは選手にメガホンを投げつけたサポーターがいたとかいなかったとか・・
これが5/4の公式HPでの「試合運営のおしらせ」となったわけなんだね・・

これからが勝負の時なんだし、修行のときがずっと続くけど、辛いのは自分だけじゃないんだ。
感情をぶちまけて余所に迷惑をかけるなんてとてもくだらない。
しかもこれがメインとバクスタ両方で行われたなんて・・。悲しいもんです。

ちなみに自分は1年ほどJ2チームのサポをやっていますが、このチームもJ2入りして5年も経つのに未だ勝ちに恵まれず、苛立つ日々が続いています。
しかしいくら不甲斐ない結果にキレたからってモノを投げたりしたサポは見たことがありません(野次とかはけっこうありますが・・汗)
応援する側はもちろん、運営側もこの当たりの警備などをしっかりしていく必要があるのではないでしょうか・

あと奇妙だと思ったのは・・立ち応援しているサポーターの数が妙に少ない。
同じ今季昇格組の町田ゼルビアの試合では遠方ホームに関わらず、もっといた記憶があるのだが・・
そして左側でメインの立ち応援サポーターとは全く別に太鼓を叩いているサポーターの存在が奇妙だった・・
総合して、JFLという新しいステージに上がるにつれ、チームをとりまく状況がかなり混沌としているのが感じられた。
V・ファーレン長崎はこれからさらにJへの道を目指すわけだが、チームおよびサポーターが乗り越えるべき壁はたくさんありそうだ・・。

そういうわけで、試合内容というよりは、ホーム戦を見て気づいたことをとりとめもなく書いてみました。
この流れのまま、今週日曜日は町田ゼルビアとのアウェイ戦に行きます。
相手は同じ昇格組だし、順位は得失点差の関係もあり現在は格下となっていますが、チームのモチベーションの高さは侮れないものがあると思います。
こちらも可能な限りレポする予定なのでよろしくです。

非常に長くなりましたが、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。



090506_2137~010001.jpg
おまけ:ゲットしたVスナカード。
がっくし倒れている伝庄選手・・まさにこんな気分。


Posted by Sane-Young | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://5west9sh.jugem.jp/trackback/41
RECOMMEND
国見発 サッカーで「人」を育てる (生活人新書)
国見発 サッカーで「人」を育てる (生活人新書)
小嶺 忠敏
国見高校の元監督でありVファーレン長崎の代表取締役である小嶺忠敏さんの本です。2004年の著作。
Jリーグクラブをつくろう!
Jリーグクラブをつくろう!
秋元 大輔
ヴィファを知った最初の本がコレでした。
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
長崎は今日も・・
COUNTER
ゆにかれんだー
PROFILE
LINKS
OTHERS